1. ホーム
  2. 精力減退の悩み
  3. ≫糖尿病、高血圧で精力がなくなる!?

糖尿病、高血圧で精力がなくなる!?

roujin_03

年をとってくると、体にもいろいろな「老い」がでてきます。

体力低下、しみ・シワ、髪が薄くなる・・・
糖尿病、高血圧などの生活習慣病・・・
精力の減退、ペニスが弱くなる・・・

なんだか例をあげるだけでちょっとテンション落ちてしまうけど、体の老化には勝てないから、仕方がない部分もありますよね。

でも、糖尿病や高血圧などの生活習慣病は自分でも防ぐことのできる症状です。
そして、精力減退やペニスの反応の悪さも、自分で防ぐことができるんですよ。

糖尿病、高血圧と精力減退の密接な関係

実は、糖尿病や高血圧は精力減退を加速させてしまいます。
それは、ペニスに流れる血液が関係しているからです。

ドロドロ血液がペニスの血流を悪くする

ペニスを硬く力強く勃起させるためには、ペニスに流れる血液の量が重要であることは、当サイトでも何度も説明してきました。

参考:フニャチンを硬く力強く勃起させる方法

糖尿病で血液がドロドロになると、体を流れる血液の循環が悪くなります。
血液の循環が悪くなると、手先足先やペニスなどの末端部分の血液の流れが極端に悪くなります。

その結果、ペニスが勃起しなくなったり、勃起してもフニャチンのままセックスができない・・・といった状態になってしまいます。

降圧剤もペニスの血流を悪くする

高血圧の人が飲む降圧剤もペニスの働きを悪くします。

高血圧は心臓に負担がかかるため、そのままで危険な状態。
動脈硬化などが根本の原因ですが、上がりすぎた血圧を下げるために、高血圧患者には「降圧剤」が処方されます。

血圧が下がるということは、心臓が押し出す血液の圧力が下がるということ。

そのためやはり手先足先やペニスといった末端部分に影響がでるようになり、ペニスに関しては勃起力が弱くなったり、勃起しても硬くならなくなったります。

糖尿病・高血圧患者がペニスを回復させるには?

まず、高血圧の人にはシトルリン配合の精力剤はNGです。

精力剤は薬ではなくサプリメントなので、いきなり血圧が急上昇するほどの効果はありませんが、それでもシトルリンは血行を促進する成分です。

血行が良くなると血圧も上がる傾向にあるので、高血圧患者には精力剤は勧められないし、商品の注意事項にも記載があります。

まずは生活習慣の改善から

糖尿病や高血圧の人は、まずは生活習慣の改善が最優先です。

健康的にも生活習慣を改めるべきだし、生活習慣の不摂生が少なからず精力減退の原因にもなっています。

ドロドロ血液をサラサラ血液にする。
血圧を正常値に戻す。

生活習慣病の大きな原因は、暴飲暴食・睡眠不足などの不摂生なので、生活を見直すことから始めましょう。

精力剤も効果あり!

もちろん、加齢による精力減退は生活習慣だけではありません。

年とともに男性ホルモンの分泌量も少なくなるし、体の基礎代謝も悪くなりパワーが出にくくなります。

体の老化・体力低下などを補うために、にんにく卵黄やマルチビタミンなどのサプリメントが流行っているわけですが、精力剤は「精力低下を補うためのサプリメント」です。

高血圧でなければ、精力剤は精力を回復させるために十分効果があるし、「勃たない、硬くならない、入らない」といった悩みを解消してくれるものです。

年をとったからといって、弱くなるペニスに納得したわけじゃないですよね。

・生活習慣を改める
・精力剤を飲んでみる

いろんな可能性を試みて、若いころの精力を取り戻しましょう。

よろしければシェアをお願いします。