ムダ毛を気にし始めた高校時代

僕は高校1年の頃から、自分のムダ毛が濃いことに気づき始めました。

人よりフサフサしている腕毛。
人より濃いすね毛。

何より、水着になったときの太もも裏や股の付根が、黒くて濃いムダ毛が生えていたので、友人からは「陰毛がはみ出てるぞ」なんてからかわれたりもしました。

でも、一番気になったのは女子の目線。

思春期で多感な頃だから、女子の目線も気になります。

もちろん周りを見回しても僕のようにムダ毛が濃い男子はいないし、清潔感のある人がモテる年ごろです。

僕も、女子から少しでもカッコよく見られたいと思って、自分でムダ毛を処理するようになりました。

意外と大変なムダ毛処理

ムダ毛を自分で処理して気づいたことは、ムダ毛の処理は意外と大変なこと。

それまで、ムダ毛なんて放っておいたけど、いざ自分でカミソリで剃り始めると、カミソリの刃に絡みつくムダ毛でなかなかスムーズに剃れません。

その頃は、まだそれほどムダ毛も濃くなかったけど、量はそれなりにありました。

腕毛、すね毛、太もも、付け根。

それだけ剃るだけでも、結構な労力です。

太もも裏の毛深さに驚愕

ムダ毛を剃るときになって改めて気づいたこと。それは「自分が思っていたより太くて濃いムダ毛が生えていたこと」です。

普段、太もも裏とかお尻とかって見えないですよね?

剃るときになって鏡で見てみたら、太くて濃いムダ毛が、太もも裏とお尻に生えていました。

自分にはケツ毛が生えているのか!

と、そのときは衝撃というか驚愕というか、とにかくムダ毛をなんとかしたい!って強く思うようになりましたね。

脱毛クリームでケツ毛を除毛する

カミソリだと、太もも裏もケツ毛も届かなくてうまく処理できません。

そこで考えたのが脱毛クリーム。

脱毛クリームなら塗るだけでムダ毛を落とすことができます。

クリームを手にとって塗るだけなら、太もも裏でもお尻でも届きます。自分で見えなくても隅々まで塗ることができます。

脱毛クリームを使ったムダ毛処理は完璧でした。

ほぼ全部のムダ毛がキレイに落とすことができたからです。

処理した後もキレイになるので、脱毛クリームは重宝しました。

それまでカミソリで剃っていた腕毛・すね毛も脱毛クリームで処理するようになって、学生時代の悩みはそれでなんとか回避することができました。

でも、そんないい日は長く続きませんでした。

脱毛クリームはムダ毛を落とすだけ。

結局、時間が経てば太くて濃いムダ毛が生えてくるし、年を重ねるごとに腹毛・胸毛も生えてくるようになって、自分ではどうすることもできないくらいムダ毛が濃くなってきたからです。